0 Comments
今日は雪が積もりましたね!
わが家は山あいなので、やはり寒いです☆

本日は積雪のため、カフェtomato、ギャラリー炭焼はお休みをいただきました。
それから、デコパージュナナも臨時休業をいただきました。







※以下の文は、閲覧ご注意ください。







実は今日、アテローム(ふんりゅう)の手術をしてきました。
わたしは素人なので、個人の意見と体験談です。

ネットの説明:アテローム(粉瘤・ふんりゅう、アテローマ)とは、皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。アテロームは良性の腫瘍ですが、ときに化膿して真っ赤に腫れ上がったりすることがありますし、似て非なる腫瘍もたくさんあります。


アテロームは比較的みなさん結構なるもので、腫れなければ無理に手術の必要は無いかもしれないです。私の担当していただきましたお医者さんの意見では、炎症のないうちに早めに手術をし、完治させるのがおすすめ、ということでした。

今回の私の場合、夏頃から虫刺されのようになった黒い点が、腫れたり膿んだり痛い状態だったのですが、治るかな?と半年程ほっておいたままでした。
ネットで他の方の記事を見ると、何年もほっといてしまうこともあるそう。

「あれれ?なんだか治らないで、よく腫れるぞ?」ということで、
びびりながら、炎症性腫瘍、これは切開するかな?とネットで調べて、皮膚科か形成外科、切開なら形成外科かな?と選考え、病院へ行きました。
結果、虫刺されではなくアテロームと診断→手術の予定となりました。

前から気になっていた、石灰化している部分も形成外科の先生に相談したら、ご希望なら同時に手術をと言っていただき、腕.首.頬.3ヶ所同時の局所麻酔で日帰り手術となりました。

初日は、受け付け診察と血液検査をして、手術日を予約、手術の説明をきき、支払い、帰宅。
日々緊張しながら約一週間待ち、
当日は送ってもらって、雪の中病院につき、受け付け→体温と血圧測定→説明→手術の施設階へ移動→着替えて手術室へ→脈とか図る機械などつける、手術部位にカバーかける→麻酔など→手術→着替え→体温と血圧測定→説明→精算→薬の書類をもらう→調剤薬局で、指示された薬とガーゼとテープを購入→帰宅
という流れでした。
薬は、胃腸薬.抗生物質.痛みどめ.でした。


以前に小さい炎症しているアテロームを切開したときは、皮膚科で麻酔なしだったり、親知らずの切開抜歯は痛すぎで気絶寸前になったりしたので、めちゃくちゃ緊張しましたw

今回は局所麻酔をしたので......
痛くないと嬉しいな→けっこう痛かったですw
ちょこちょこ麻酔を足していただきましたが✨
麻酔の注射も正直痛い!採血より痛かった。一回一回痛いのですうっと血の気が引きました。
麻酔がちょっときれてくると、切ったり縫ったりしても感じますね。針を。糸を。
無言で半泣きで冷や汗かくぐらいはw
手術自体は一時間強ぐらいでした。

手術後数分でピリピリと痛みがあったので、すぐ後の食事で処方の痛み止めをを飲みました。それでも痛いです。仕方ないと知りつつ、次の日あまり痛まないことを祈ってます。

今後は、三日後確認と一週間後に抜糸のため病院へ行きます。
手術後の日はそのまま。
翌日夜は、傷口は石鹸つけてシャワーで軽く洗って良いそうです。
(今痛いので明日本当にこわいですw)
それから、おうちでガーゼ軟膏をテープでしてくださいということでした。


手術費用は一回目の診察と検査で7000円、当日2万5千円程度でした。あと二回診察を受けますが、費用がもっとかかると思ったので、ほっとしました。
診察時などに、費用や詳細を先生に聞いた方が良かったかもしれませんね✨


今回、手術の関係者の皆さん、気づかってくださって、先生も丁寧に手術していただいて、本当にありがたかったです。無事に終わって本当に感謝です!
いろいろな方にお世話になりました。


明日、1/27(土曜日)はデコパージュナナ.カフェtomato.ギャラリー炭焼も通常営業です☆
明日も宜しくお願いいたします。


それではまた

デコパージュnana
Posted byデコパージュnana

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply