0 Comments
さて、手術前、当日、三日後の確認、一週間後の抜糸と、形成外科でお世話になりましたが、
最後に病理に出してもらった物の結果が出たそうで、病院に行きました。

すべて石灰化だったそうです。

情報をのせておきます☆
石灰化上皮腫とは。)

皮膚の下にできる良性のしこりです。毛母細胞という毛のもとになる細胞が石のような腫瘍(しゅよう)になったものです。若い人にできることが多く、子どもにはしばしば見られます。皮膚の浅いところにあり、基本的に固くてごつごつしています。皮膚が薄くなり中身が白く透けて見えることもあります。7~8割は顔や首、腕にでき、触れると痛みを感じる人もいます。

ほとんどは1カ所だけにできますが、複数できる場合もあります。高齢者では悪性化することもありますが、比較的まれだと考えられています。(私は数か所ありました)

治療法は。)

一般的には手術で取り除きます。できものと同じくらいの長さに皮膚を切り、取り除きます。完全にとり切れば再発することは少ないです。じっとしていられる年齢になれば局所麻酔で手術でき、30分ほどで終わります。小さい子どもは全身麻酔のこともあります。術後に傷を縫った跡が薄く残ります。

うみが出たそうです。)

できものに細菌がつくとうみを持って腫れることがあります。皮膚の表面ができもので伸ばされ薄くなり、傷がつきやすいことも一因と考えられます。抗生物質を飲んで皮膚の炎症を静め、腫れが広がらないようにします。

手術は必要ですか。)

腫れが大きくなると、跡になって残ったり、腫瘍の形が崩れて手術で完全に取ることが難しくなったりします。腫れて痛む前に、形成外科や皮膚科で手術を受けたほうが良いです。相談者の方の場合、腫れが引いたら手術するのが良いでしょう。

私はうんだり、気になったところの手術をお願いしました。実はもう一か所あるのですが、赤ちゃんの頃からあっても、生活に支障がないので、手術しませんでした。手術するかの選択は自由ですね。

昨日病院では、手術で完全に摘出できたので、再発の心配はないということでした。
よかったーヾ(o´∀`o)ノありがたいです。

残り2か月半ほど、例のテープを手術跡に貼って過ごします☆


それではまた。
デコパージュnana
Posted byデコパージュnana

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply